ゆるやかな自殺

「私には何にもないから」

「fog」


鏡を割った

何度も割った

飛び散った破片に映ったワタシ

どうしようもなく醜いワタシ


在るものを食べた

何もかも食べた

残骸を集める哀れなワタシ

涙が溢れたそれだけの日々を


繰り返す

わらってる

最期には


生まれ変わったら今度こそは

愛し愛されて終わりたい

生まれ変わったら生まれ変わったら

しあわせだって笑顔で言いたい